噛み合わせの大切さを知りましょう

矯正歯科

矯正治療の目的は歯並びの改善だけではありません

矯正治療の目的は歯並びの改善だけではありません

矯正歯科を受診される方の大半は、「歯並びをキレイにしたい」という理由で来院されます。しかし矯正歯科の役割は歯並びの改善だけにとどまりません。歯並びをキレイに整えるのはもちろん、歯並びを整えることで噛み合わせの乱れからくる悪影響を防げるのです。

噛み合わせの乱れによる悪影響

食べものがうまく噛めない

虫歯もそうですが、歯並びが悪いと噛む力が不均一になり上手くものを噛めません。噛み砕く力が弱く、食べ物をしっかり噛まずに飲み込むため、胃や腸などにも負担がかかります。

発音がはっきりしない

正しい発音には前歯の噛み合わせが重要です。出っ歯などで前歯が噛み合わないと歯の間からスース-と息が漏れて、サ行やタ行などの発音がうまくできなくなることがあります。

虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪いと歯を磨きづらくなります。プラークや歯石が溜まりやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因になります。治療するときにも歯並びが整っている人に比べ難しくなります。

あごの成長が阻害される

噛み合わせが反対だったり、横にズレていたりすると、あごの発育が阻害されることがあります。またしっかり噛めない歯並びではあごの骨に刺激が伝わらないので、骨ばかりではなく周りの筋肉も発達が悪くなります。

見た目がコンプレックスになる

出っ歯や受け口が気になり、うまく笑えなくなったり、食事や会話がおっくうになったりすることがあります。お子さんの場合は、性格形成にも影響をおよぼします。

PICK UP 小児矯正の重要性

PICK UP 小児矯正の重要性

小児矯正ではあごの正しい成長の促進や、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえる噛み合わせを治療します。定期的にお子さんの歯並びをチェックして、もし気になることがあれば、いつでも当医院にご相談ください。